1899年(明治32年)に創業者松田栄吉の手によって、日本橋で創業された「吉野家」。
戦後の動乱を切り抜け、栄吉の次男松田瑞穂が築地店を再開。
客は主に魚河岸で働く「食のプロ」達。ここからこの物語も始まるのだった・・・
  • とん汁 あったかい篇 NEW
  • 牛すき寒い日篇
  • 吉呑み鬼嫁篇
  • 吉呑みカウンター篇
  • 牛丼100年篇
  • 牛丼妄想篇
  • 麦とろマドンナ篇
  • 麦とろ栄養雑学篇
  • 吉野家の創業者・松田栄吉の次男。二代目社長。真面目で探究心の強い性格で吉野家でも様々な工夫を重ねている。昔気質で頑固だが人情味あふれる人物。
  • 高校卒業後に上京、活気ある築地市場の雰囲気にひかれ、吉野家築地一号店で働きはじめる。お調子者の一面もあるが、明るく一本気な性格。
  • 夏頃から、新しく築地市場内の店の一つで事務員として働きはじめた。素朴で優しい性格もあいまって、市場内でマドンナ的存在になりつつある。

「吉野家築地一号店」で働く
主人公と個性豊かな仲間達をご紹介。
出演者全員、監督が惚れ込んだ
「隠れ昭和フェイス」の持ち主です。

CMでは最大規模のスタッフと演者の数、
そして昭和30年代当時の築地市場の再現。
監督とスタッフから聞いた制作のこだわりポイントをご紹介。