撮影にあたり監督が一番こだわったのは、
「タイムスリップ感」。
リアルな昭和に連れていくのではなく、「誰の心の中に
も存在する昭和の残像の中に連れていく」という
アプローチをもとに、セット、美術、衣装、メイク、そ
してお芝居の中にも取り入れたそうだ。

今回「昭和30年代」を舞台に描かれるTVCMとあって、菅田さんを筆頭に「昭和顔」と言われていないが実は「昭和顔」の「隠れ昭和フェイス」をキャスティングした、と監督は言う。
お芝居にも昭和のニュアンスを取り入れ、リアクションのスタイルにしても、「昭和しぐさ」といわれる古臭い感じをあえて導入し、オーバーリアクションといっていいほどの演技が「昭和くささ」をより一層際立たせているのも今回のTVCMシリーズの見所となっている。

喜劇に強い福田雄一さん(『笑っていいとも!』
『SMAP×SMAP』作家)が脚本を担当した本作。
監督いわく「今っぽくない、昭和らしいコントを目指し
た」とか、当時の大らかな空気をはらんだ喜劇もこの作
品の大きな魅力となっている。