• 二代目社長、松田瑞穂がこだわった「効率性」「食材」「価格」が
    そのまま「はやい、うまい、やすい」のキャッチコピーになりました。
    1980年代には、世の中の価値観の変化に応じて、
    「うまい、やすい、はやい」と順番を変え、今に至っています。
  • 牛丼の付け合わせは「梅干し」などいろいろ試しましたが、
    「紅生姜」の酸味が牛丼の濃い味に絶妙にマッチング。
    ちなみに「牛丼に紅生姜」を最初に始めたのは𠮷野家です。
  • 一号店ができた当初は、具材にしらたきや豆腐なども盛り込まれていました。
    しかし、市場で働く人の「牛肉が食べたい」という想いに応えるために、
    より多くの牛肉と、味わいを深める玉ねぎだけを使った、
    シンプルな牛丼を生み出したのです。
  • 𠮷野家は牛丼を盛りつける「おたま」にまでこだわって、
    専用のものを開発しました。
    そのおたまに空けられた穴の数が四十七個。
    牛丼のおいしさを味わっていただくために、
    試行錯誤してたどり着いた数なのです。

  • 昔は席が空くのを待てずに、
    立ったまま食べる人が多くいました。
    そんなお客様もさっと箸が取れるように、
    壁に箸入れが掛けられていました。
  • 一号店は伝票がないため、
    うつわの色を見て会計します。
    「アタマ(具)の大盛用には、緑の丼。
    一号店のみで使用しています。
  • 少しでも早く牛丼をお客様に
    お出しできるように、
    動線の無駄をなくしたコの字カウンター。
    二代目社長、松田瑞穂の
    考案とされています。